〜栃木県 宇都宮餃子を食べ比べしてみました〜

観光

2019年4月27日土曜日

私の出身地、静岡県でも有名な浜松餃子には馴染みがあり、浜松餃子が大好きな私。

浜松餃子VS宇都宮餃子なんてB級グルメ対決でよく取り上げられているのを見かけ、食べることが大好きな私はとっても気になっていました👀

今回栃木県を訪れるということで、是非宇都宮餃子を食べ比べしたい✨という願いを叶えるべく、有名な5店舗の餃子を食べきました(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

いや~5店舗も食べられて、おなかいっぱい幸せいっぱいって感じでしたね😋

結論から言うと、当たり前なんですけど店舗ごとに味がそれぞれ違っていて、みんな違ってみんないい👍って感じでした笑

でも餃子にはみなさん好みがあると思うのでみなさんが宇都宮を訪れた時に参考になればと思い、食レポを書かせていただきます☺️

まず初めに訪れたのは、「香蘭」

Google マップ

訪れた印象としては、カウンター10席ほど、テーブル席が4人×4席ほどのこじんまりとしたお店。混雑時行列は当たり前の人気店!と聞いていたので、時間をずらし15時に来店!

15時にも関わらず、空いていたのはカウンター席4席ほどでした😳すごい人気ですね☺

来店しお客さんがいっぱいなのも然ることながら、餃子のお値段にもびっくり😳

水餃子焼き餃子揚げ餃子 すべて 250円

お値段が安いわりに、とてもボリューミーでびっくりでした(*´ω`*)

そして、3つの餃子のみのメニュー展開でこれは勝負しているな~という感じがしました😁

今回注文したのは、定番の焼き餃子と水餃子餃子!

焼き餃子は、1口食べると、カリッと焼かれた皮の食感の後に、ジュワっと口の中に旨みが広がり、肉汁が滴るほど溢れてきます😋

お野菜もたっぷり入っており、元祖宇都宮餃子といった印象でしょうか!大きめな餃子でしたが、ペロリと完食してしまいました。

水餃子は、もちもちの皮の中にお野菜やニンニク、お肉の旨みがぎゅっと詰まっており、それを引き立たせるべく、鶏ガラスープは控えめな印象でした。

味が物足りないわという方には、スープに醤油、お酢、自家製ラー油を足してお好みの味で食べることができます♪

半分はそのままの鶏がらスープと餃子本来の味を楽しみ、半分は醤油と自家製ラー油で味をつけて頂きました!

水餃子を食べたことがなく、ワンタンスープのようなものかな?と想像していましたが、皮は厚く、もちもちでしっかりとしており、全くの別物でした😋

個人的にはいつも食べ慣れている焼き餃子の方が好みでした☺️

次に訪れたのは、宇都宮餃子の名店が集まっているフードコートのような場所!

その名も「宇都宮餃子会来らっせ本店」

ドン・キホーテの地下にあります♪

Google マップ

ここでは、「龍門」「めんめん」「さつき」「宇都宮みんみん」「香蘭」の5店の餃子有名店がお店を構えており、好きな餃子を食べることが出来るのです(*´﹃`*)

食べ比べをしてみたい私のような人には、うってつけの場所ですね✨

びっくりしたことに、先程食べた「香蘭」が入っており、最初からここに来ればよかったのでは…🤣とも思いましたが、店舗には店舗のよさがあると信じ、残り4店舗と向き合うことにしました笑😋

入口から中に入ると、フードコートのように机と椅子が沢山並んでいるフロアへ店員さんが案内してくれます。席につくと、席番号を教えてくれ、餃子購入時にお店の人に席番号を伝えると、餃子を席まで持ってきてくれるのです☺️ありがたいですね😀

焼き餃子を4店食べ比べてみることにしました。

まずは、「龍門」

軽く食べることが出来るあさっさりとした餃子でした!気づいたらぱくぱくとかなりの量を食べてしまいそうなくらいです😆

「めんめん」

浜松餃子に近い味でした♪野菜が多めなのですが、宇都宮餃子とは味が少し違いました☺️

「さつき」

ニンニクのパンチがとってもよく効いた餃子でした。好き嫌いがハッキリと出やすい反面、根強いファンもいるのだろうと感じます☺️

「宇都宮みんみん」

ひと口食べるとごま油の香ばしい香りが鼻に抜けていく、香り豊かな餃子です!

ごま油好きにはたまらない逸品😆

さすが宇都宮餃子と言うだけあって、どの店舗の餃子も美味しかったです😋

宇都宮餃子を食べる際は是非参考にしてみてください😊🥢

コメント

タイトルとURLをコピーしました