【島田市×絶景】『蓬莱橋』撮影写真で徹底レビュー!オススメ撮影スポットも紹介!

観光

 

たか
たか

今日は、静岡県島田市にある

世界一古い木造歩道橋

蓬莱橋』について紹介するよ!

 

はる
はる

朝の9:30くらいに訪れたら、

来ている人も少なくてゆっくり

回れたね!

今回は私たちが実際に行って

撮影してきた写真をもとに

レビューできたらと思います!

早速紹介していきますね!

蓬莱橋に実際に行ってみた!

駐車場はどこ?

 

たか
たか

Googleマップでは

『蓬莱橋 第一駐車場』

検索をかけると出てきます!

この看板が目印です!

駐車料金は無料です。

普通車26台

(うち身体障がい者用2台)

観光バス11台停められます!

 

はる
はる

駐車場から蓬莱橋まで徒歩2

くらいでした!

遠すぎず、まずまずの距離にあって

助かった!

 

もし第一駐車場が一杯だったら、第二駐車場(河川敷)があります!

普通車50台(うち身体障がい者2台)

※大型不可

第一駐車場がいっぱいの場合はそちらへ停めてください。

 

渡橋料金を支払おう!

歩行者 大人 100円
歩行者 子ども(小学生) 10円
未就学児 無料
障害者手帳をお持ちの方 無料
自転車 100円
1か月定期券 800円

 

たか
たか

大人が100円はリーズナブルで有難い!

 

はる
はる

100円以上の価値がありすぎたし

本当に安すぎるくらい(^^♪

正直また行きたいと思っている

スポットの1つです♪

 

たか
たか

通行料金は、

830分から1700分までは

橋番さんがいるので

番小屋でお金を払おう!

 

夜間に訪れる際は…

はる
はる

8:00~17:00の時間以外は

橋前にある料金箱へお金を入れよう!

 

たか
たか

蓬莱橋両側の欄干の下に約720個の

ソーラーブリックが設置されており

日没とともに緑色に発光するよ!

毎週金~日曜日は、橋そのものを

ライトアップ!(19~21時)

昼間とは違った雰囲気を楽しめます!

 

はる
はる

今回は昼間に訪れたけど

次回は夜間に訪れたいね♪

夜間に訪れる方は足元に気を付けて

くださいね(^^♪

 

○○に認定!世界一の橋!

たか
たか

橋を渡る前にまず目に入るのが

ギネス認定書!

平成9年12月30日には

世界一の長さを誇る木造歩道橋

に認定されたそう!

 

はる
はる

全長897.4m「やくなし=厄無し」

「長い木の橋=長生きの橋」

語呂合わせ語呂合わせで縁起が

いいとされているよ♪

 

早速、渡ってみよう!

たか
たか

木造のため、橋が歩くと

「ぎし!ぎし!」と軋みます!(^^)!

結構スリルがありました!

 

はる
はる

橋のすぐ下には大井川が流れており

天気のいい日にはとても綺麗に見えます!

富士山も見えることも♪

 

たか
たか

橋の真ん中に『ど真ん中』と

書かれているのを発見!!

結構歩いたつもりが、まだ半分な

ことにびっくりでした(笑)

 

はる
はる

長~い橋はまだまだ続きます(^^♪

大井川の流れや、木々を眺めながら

ゆっくりと散歩するのも新鮮で

とても楽しかったです♪

 

対岸にあったものとは…?

たか
たか

対岸まではおよそ10分ほど

かかりました(^^♪

すぐ引き返すのではなく、

是非散策を楽しんで

いただきたいです!

 

オススメの写真映えスポット!

はる
はる

フレームの中に丁度蓬莱橋が綺麗に

映り込むこのフォトフレーム!

実はこれは平成29年3月に

蓬莱橋(初倉側)に橋の改修工事で

発生した古木をリサイクルして

作成されたそう!!

 

たか
たか

フォトフレームをデザインし

施工や設置を行ったのは

島田工業高校の建築科の生徒さん

なのだそう(*’▽’)

素敵なフォトフレームを

ありがとうございます♪

 

オススメのご利益スポット

夫婦愛和を祈る「愛和の鐘」

 

長寿を祈る「長寿の鐘」

 

はる
はる

これらを全て回るのにも

10分もかかりません(*’▽’)

気軽な散策コースとして回ることが

出来るのでとってもオススメです!

 

おわりに

 

はるたか
はるたか

いかがでしたか?

みなさんもぜひ

世界一古い木造歩道橋、

蓬莱橋を渡ってみてください♪

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

蓬莱橋近くの車中泊スポット&日帰り入浴はこちら!

静岡県掛川市道の駅 掛川

静岡県島田市「道の駅 川根温泉

クリックすると詳細が書かれたページに飛びますのでよかったら参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました